2011年10月 3日 (月)

ブレーメンに秋祭り

川崎市中原区の賑やかな商店街といえば元住吉ブレーメン商店街。何故、この商店街がブレーメンなのか、分かるようで今ひとつ不思議だけれど、確かに商店街は賑やか、買い物客も多くて、自転車も多いねえ。しかも、今日はお祭り。とんでも、賑わっています。

58_2

「活気のある商店街」は店も多くて、買い物客も多い。自然、店舗の競争も激しいし、価格競争も激しい。店舗もイマ風、老舗、チェーン店と混じって、これが、みんなのニーズを引き寄せている感じかもしれない。まあ、なんといっても、ここは賑やかな商店街ですよお。

54

今日はお祭りで、サンバはあれば、人形劇も、神輿も出ていて、そりゃあ、賑やか。

60

ビール飲んだり、揚げ物食べたり、サンバは踊っていなかったけれど、皆さん、十分に楽しんでいる様子でした。

Buzzurlに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加Twitterに追加

マクロ経済学 Book マクロ経済学

著者:二神 孝一,堀 敬一
販売元:有斐閣
Amazon.co.jpで詳細を確認する

競争戦略論〈1〉 Book 競争戦略論〈1〉

著者:マイケル・E. ポーター
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

伊勢佐木町でサンマーメン

中華街で春節を見た後は横浜・伊勢佐木町。昔の華やかさはどこかえいってしまったけど、今でも、立派な商店街。中華街で何も食べず、今日のお目当ては王泉亭サンマーメンだよおん。

●武蔵小杉散歩WEB:http://mks.la.coocan.jp/web/

P1020909-1

今は昔、中学生の時、学校帰りによく食べたサンマーメン。日本全国、どこでも、誰でも、普通に食べていると思っていた神奈川の中学生は大人になって、横浜や、横須賀や、川崎やらの神奈川県でしか食べれなかったのを知ったのでした。まあ、へええ、という程度の話題だけれど、昔懐かしい味を求めて、噂に聞く「元祖 サンマーメン」を一度くらい食べてみたいと、伊勢佐木町に。内容は予想通りのサンマーメン。懐かしすぎて、お酢を入れなかったけれど、十分美味しくて、あれや、これや、ビールに、紹興酒にと、爆食してしまいました。

P1020908

関内に向かっての帰り道、ゆったり歩いていると、あらあ、懐かしい伊勢佐木町ブルースの看板が・・・。歩道沿いのスピーカーからは「あはああん、アハハアアン、・・・」と伊勢佐木町ブルースが流れています。
なんなんだなあ、なんだか素敵。思いつきの「そうだ、伊勢佐木町へ行こう!」はとても良い感じです。

P1020906

武蔵小杉キッチンランク:
(最高点は

*********************************
玉泉亭
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町5-128-1 井田ビル1F
045-251-5630
*********************************

Buzzurlに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加Twitterに追加

マクロ経済学・入門 (有斐閣アルマ)Bookマクロ経済学・入門 (有斐閣アルマ)

著者:福田 慎一,照山 博司
販売元:有斐閣
Amazon.co.jpで詳細を確認する

マクロ経済学入門 (日経文庫)Bookマクロ経済学入門 (日経文庫)

著者:中谷 巌
販売元:日本経済新聞出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年2月 9日 (水)

祝舞遊行

2011年の2月3日は春節(旧暦のお正月)。横浜・中華街では、連日のお祝い。爆竹は鳴るし、人は多いし、龍は舞い、獅子は踊る、オバサンは歓声、オヤジはビデオ、小さい子供も思わず絶叫の「祝舞遊行」は必見です。

●武蔵小杉散歩WEB:http://mks.la.coocan.jp/web/

P1020840

2月6日の日曜日。中華街へ行きたい。祝舞遊行を見たいと言われると、人が多いからなあと反対意見や、なんども見てるよ。との話もあるなか、とりあえず行ってみようと、東横線に乗って、横浜・中華街へ。いや~、混んでる。混んでる。ところで、どこで、「祝舞遊行、やってるの?」なんて言いながら、中華街を歩いていると・・・

P1020864-1

音は聞こえるけれど、人波は停滞ぎみ。どこもかしこも、人が多すぎて、あまりの人波に諦めかていると、路地から人が・・・、そうよねえと路地を進んで、出たとたんに爆竹が炸裂。目の前ではが舞っていたのでした。

P1020880-1

龍の後には赤や黄色や白い獅子が愛嬌を振りまいて、けっこうな迫力。これが「春節」だねえとは近くのオジサンの会話。
たしかに、見ていりゃあ、凄いなあ。と感激しながら、見とれていたのでした。

PS:何故か、中華料理食べずに、お菓子と「茶葉卵(ちゃばたまご)」と温かい「タピオカ」で満足。うむむ、この満足感はなんだろう。

Buzzurlに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加Twitterに追加

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何かBookザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

著者:エリヤフ・ゴールドラット
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ザ・ゴール 2 ― 思考プロセスBookザ・ゴール 2 ― 思考プロセス

著者:エリヤフ・ゴールドラット
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

気がつけば、象の鼻

何度も近くを通るけど・・・、何故か「行かない」「行けない」「場所分からない」。こういう場所の第2弾。横浜・みなとみらい・象の鼻

●武蔵小杉散歩WEB:http://mks.la.coocan.jp/web/

P1020574

いつもは車でよく通る横浜・関内やみなとみらい地区。いろいろあるよなあ。と思いながらも、駐車するのが面倒で、パスする日常。そうだ、この際、GWに行ってみようと「東横線散歩」でゆっくり。まあ、行ってみると、武蔵小杉からだと、近い、近い。

P1020578

象の鼻カフェで売っている「象の鼻ソフトクリーム」。なんとも、カワイイでしょ。「これ、いいねえ」と騒いでいたら鼻の先から、ソフトクリームがポトリ。やっぱ、観賞用ではないわ。と早く食べ始めたのでした。この可愛さは必見です。

P1020570

武蔵小杉から東横線に乗ると、みなとみらい線には直通。うむむ、これは便利。「JR横須賀線の鎌倉」も良いけれど、「東横線のみなとみらい」も捨てがたいなあ。結構、武蔵小杉って、近場の観光地にも、直ぐ行けて、便利なんだなあと再認識。

コーポレート・ファイナンス入門 (日経文庫)Bookコーポレート・ファイナンス入門 (日経文庫)

著者:砂川 伸幸
販売元:日本経済新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

経験から学ぶ経営学入門 (有斐閣ブックス)Book経験から学ぶ経営学入門 (有斐閣ブックス)

著者:上林 憲雄,奥林 康司,團 泰雄,開本 浩矢,森田 雅也,竹林 明
販売元:有斐閣
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

う・めえ~

 もう、とっても暖かくなって、春だな~と思っていませんか?
こういう時は、お弁当でも持って、「ハイキング」?
いや~、今日は「ハイキング」じゃなくて、「梅見」です。
●武蔵小杉散歩WEB:http://mks.la.coocan.jp/web/
●安全安心(印)MAP:http://mks.la.coocan.jp/maps/

 東横線・大倉山駅のそば、大倉山梅林では「梅見」の人でいっぱい。昨日・今日は恒例の「観梅会」で、とっても賑わっています。梅の樹の下では、あちらこちら、そちらこちらで、「梅見」をやっています。好き勝手に、お弁当を食べたり、お酒を飲んだりで、子供も大人も、犬も、猫も大騒ぎです。

 この時期、「梅見」は恒例で、もう~何年もココへ通っています。とっても、のんびりしていて、ローカルな気分がして、とても心地よい場所です。今年も、「梅が咲いたし、も~、春だよなあ」って気分になってしまいます。
 今年は、お弁当に「梅酒」を付けたりして・・・これが、とってもご馳走です。思わず、「う・めえ~」だったりして・・・

PS:「夜桜(よざくら)」ってありますよね。梅の場合は「夜梅(よばい)」なのかしら・・・まさかねえ。でも「野梅」は「やばい」って読むらしい。う~む、まさか、「ヤバイ」じゃないよねえ。変に納得。

 

YES (初回限定盤)(DVD付) Music YES (初回限定盤)(DVD付)

アーティスト:中島美嘉
販売元:ソニーミュージックエンタテインメント
発売日:2007/03/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 

飲んでみたい!本格梅酒カタログ Book 飲んでみたい!本格梅酒カタログ

著者:やなか事務所
販売元:ナツメ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)