« ニヶ領用水どこまであるか桜散歩 | トップページ | 桜情報2012:桃色な世界で考える »

2012年4月23日 (月)

桜散歩(番外編):桜吹雪の頃

今年も桜の季節が終わり、用水路は葉桜に囲まれています。GWも近づくと「あれやこれや」楽しいこと、悩むことも交差して、なにやら騒がしい気持ち。・・・うむむ、スッキリするために今日は「桜散歩(番外編):桜吹雪の頃」を振り返る

P1030846

ここは用水路の桜でも圧倒される「ニヶ領用水・宿河原の桜
はらはらと散る桜の花びらが舞ってとても綺麗です。用水路を囲むように大きな桜の樹が満開の花を付けています。

P1030844

見上げると一面の桜が迫ってきて、思わず圧倒されてしまいます。静かな時間と桜吹雪。また来年も・・・と思いながら、後何年しか・・・とも思えて、桜の持つ不思議な時間感覚にやられてしまいそうです。

P1030840

地面を見れば、桜の花びらがいっぱい。毎年、この風景を見にココに来ているような。「桜は散り際だよねえ」なんて言いながら、桜吹雪を見つめています。

P1030820

何故か、ゆっくりとした時間の中で、ミルトン・フリードマン。しかも、チーズタルトを食べながら。なんだろうねえこの感じ。



資本主義と自由
(日経BPクラシックス)
  • 著者: ミルトン・フリードマン (著)
    村井 章子 (翻訳)
  • 単行本(ソフトカバー): 384ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2008/4/10)
  • 言語 日本語
  • ISBN-10: 4822246418
  • ISBN-13: 978-4822246419
  • 発売日: 2008/4/10
  • 商品の寸法: 19 x 12.2 x 3.2 cm

|

« ニヶ領用水どこまであるか桜散歩 | トップページ | 桜情報2012:桃色な世界で考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69376/44994967

この記事へのトラックバック一覧です: 桜散歩(番外編):桜吹雪の頃:

« ニヶ領用水どこまであるか桜散歩 | トップページ | 桜情報2012:桃色な世界で考える »