« 木月堀 裏道散歩 | トップページ | 中原街道 南へ »

2006年5月15日 (月)

恋人たちの地味な森

 「その森」は武蔵小杉・等々力緑地にあります。施設を目隠しするように、「とどろきアリーナ」と「市民ミュージアム」の裏に広がっています。とても地味な森です。何もありません。何かがいるわけでもありません。ただの雑木林と言われれば、その通りです。でも・・・。しかし、とにかく静かで、「武蔵小杉散歩」には必要です。
●武蔵小杉散歩MAP 
●ルート別散歩道案内:http://mks.la.coocan.jp/

 その森は「四季の森」と言います。名前の平凡でしょ?神奈川県の市町村の木(?)や日本の代表的な木(笑)が植林されています。どれが、どの木か分かりませんが、ありがちな「お金にまかせて、作ってしまった森」です。でも、あまりに地味なので、いつもは足早に通り過ぎてしまいます。もう少し、きれいに整備でもすれば、もっと、良い森になるのになあ・・・と思ってみたものの、解決策はありません。地味ですが、地味なりに楽しんでしまうのが最適です。そう思っていたら、あれ・・・、何か、森の中にいるようです。

 森の中に「たたずむ棒状のモノ」があります。抽象的で何だか分かりません。ただ、芸術作品には間違いありません。(高そう)
 その近くには、妙に色っぽく抱き合う「ふたり」が空を見ています。世界平和でも祈っているのでしょうか。
 森の中には「恋人たち」が隠れています。見つかってしまったと恥ずかしそうにしています。ずっとここにいて、いつの間にか、木陰の恋人になってしまったようです。
 最後は「黄金色の女性像」です。あ~あ。とうとうやってしまいました。この色と姿、みなさんどう思います?

Banner130x18_1  ← @nifty ADSL・光ファイバー申込受付中

恋人たちの森 Book 恋人たちの森

著者:森 茉莉
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本<汽水>紀行―「森は海の恋人」の世界を尋ねて Book 日本<汽水>紀行―「森は海の恋人」の世界を尋ねて

著者:畠山 重篤
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 木月堀 裏道散歩 | トップページ | 中原街道 南へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69376/1807845

この記事へのトラックバック一覧です: 恋人たちの地味な森:

« 木月堀 裏道散歩 | トップページ | 中原街道 南へ »