トップページ | 2006年4月 »

2006年3月31日 (金)

さよなら フロム

 武蔵小杉で買い物をする方でなければ、何の問題もないのかもしれませんが、武蔵小杉のフロムが閉店になってしまいます。
 JR南武線武蔵小杉駅の南側に寄り添うように建っている商業ビルで、電気屋さんも、100円ショップも、ディスカウントショップもあって、結構、重宝していました。なにしろ、そこの横は通勤・通学路です。あれば、あるで道が狭いの、放置自転車は多いの、ビルは古いのと文句を言いつつ、なくなってしまうと何かすごく寂しくなります。

●散歩地図(武蔵小杉散歩MAP)

武蔵散歩HP:http://mks.la.coocan.jp/

 ビルの裏側にはハトがたくさんいる、のんびりとした公園があり、その横に変電所があります。武蔵小杉に住み始めた頃、「なんで駅の近くの場所が空いてるの?」と思っていましたが、やっと駅前再開発がスタートするようで、何年か後に、大きなタワービルと商業地域になります。きれいになるのはいいけれど、この道も、このビルも、木も公園もなくなってしまいます。きっと、独特な、何か乾燥した土臭いような空気もなくなります。

 武蔵小杉駅の周りは再開発でたいへんです。ちょうど街が生まれ変わる時を迎えています。ずっと以前から住んでいる人、最近住み始めた人、これから住む人がいろいろな考えで街を作っていきます。
 何年か経ち、ビルが立ち並ぶ街になった後、フロムは、かすかな記憶の中でしか生き残れません。
 さよなら フロム。      サヨナラ。 

るるぶ川崎市 Book るるぶ川崎市

販売元:JTBパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月30日 (木)

櫻 桜 さくら サクラ

 東京・神奈川はどこもかしこも桜満開です。
 桜を見ると、春になったな~とつくづく思い、散歩したくなるのは「散歩まにあ」だけでしょうか?
 近所の桜も名所の桜もいろいろあると思いますが、本日は武蔵小杉だけじゃない「2006年桜満開記念:怒涛のお勧め櫻・桜・さくら・サクラ特集」といきましょう。

●武蔵小杉サクラ開花情報:http://mks.la.coocan.jp/


 「」は東京・六義園の「しだれ櫻」です。も~、とにかく人がいっぱいで、恋人と中年のおじさん、おばさん、サラリーマン、水商売のおねえさん達が入り乱れて、カメラ撮影しています。夜になって、ライトアップされた時の櫻は必見です。その夜は「東京ナイト 夜桜ツアー」なぞしたのですが、とても面白かったです。

 「」は神奈川・松田町の「河津桜」です。伊豆半島・河津温泉や下賀茂温泉が有名ですが、渋滞もなく、近場で、うつくしい河津桜が咲いている場所でした。(感激!!)
 河津桜フェチの方はもうご存知でしょうが、まだ、確認していない方、是非とも、来年、行ってやってください。(地元観光組合もガンバッテます。行き方は自分で調べてね)

 「さくら」はご存知多摩川の「さくら」です。近くにいながら、多摩川の東京側(世田谷区・大田区)には、今年まで行ったことがありませんでした。二子玉川~玉川東陸閘~等々力不動~多摩川台公園のコースにたくさん満開の「さくら」が咲いています。散歩する人、お弁当食べる人、野球やる人、犬、猫、それぞれがそれなりに楽しんでいます。散歩道は少々長いですが、たまの休みにはゆっくりと花見をしてください。
 すごく広いので、混雑しにくい、お勧めコースです。
 (オプションで~六郷用水~沼部:桜坂もイイですよ)


 武蔵小杉 二ヶ領用水、本日の「サクラ」です。用水沿いのサクラ並木は満開になりました。二ヶ領用水から渋川にかけて、のんびりした散歩道がサクラで埋まります。今週は花見の宴会で大盛り上がりに違いありません。
 結局、地元のサクラが一番きれいに思えるのは不思議ですが、それだけ愛着をもって、大切にしたいものです。
 日本中の「櫻・桜・さくら・サクラ」いっぱいあるでしょうね。きっとありますから、「近所のサクラ」見つけて、大切にしてください。

花散歩神奈川を歩く Book 花散歩神奈川を歩く

販売元:実業之日本社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

新・花の神奈川散歩 34コース Book 新・花の神奈川散歩 34コース

著者:山下 喜一郎
販売元:山と渓谷社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

桜〜SAKURA〜 V-music01 DVD 桜〜SAKURA〜 V-music01

販売元:BMG JAPAN
発売日:2006/03/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月28日 (火)

桜 坂 (デートな散歩)

 今日は「中原街道つながり」で、あの桜坂の登場です。
 沼部の「さくら坂」が「デートな散歩道」とは知っていましたが、旧中原街道だとは最近まで、知りませんでした。確かに、昔からありそうな坂道で、旧街道のような雰囲気があります。

●武蔵小杉サクラ開花情報:http://mks.la.coocan.jp/


 とても有名な桜の名所ですが、桜並木の数は少なく、どちらかと言うと、お洒落な花見に最適です。特に「恋をしたい」とか「幸せになりたい」とかの願望がある方、独特な緊張感を楽しんで、必ず、赤い歩道橋の上で写真を撮りましょう。
(写真を撮ったら、お互いに欠点を確認しましょう。)

 桜坂から、六郷用水をぬけて、多摩川台公園にいくコースが定番のデートな散歩道です。多摩川の水を引く、六郷用水はとてもうつくしく、武蔵小杉の二ヶ領用水と同じように、川沿いの道がつづいています。
 途中、湧き水があって、とても水が綺麗です。「ここにいる鯉や亀はシアワセモノだ」なんて思うのは私だけでしょうか。
(いくら、きれいだからといって、お持ち帰りは厳禁です。)

 中原街道の下にあるかわいいトンネルをぬけて、しばらく歩くと多摩川台公園に出ます。公園の広場の大きな桜の木はほぼ咲いていて、ちょっとした休憩には最高です。(花見!!)
 ここから多摩川の方向を見ると、川が大きく蛇行しています。眺めはすばらしく、特に夕日がお勧めです。
 ところで、二人で夕日を見た場合、これ一番の決め台詞を考えておきましょう。
 (人生には何度もチャンスはないようです。)


 多摩川台公園から丸子橋に向う途中、多摩川の土手にきれいなサクラが咲いていました。

 (一年に一度、ワタシは主役になれる。 と信じましょう。)

新・花の神奈川散歩 34コース Book 新・花の神奈川散歩 34コース

著者:山下 喜一郎
販売元:山と渓谷社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

桜坂 Music 桜坂

アーティスト:福山雅治,坪倉唯子,MISA NAKAYAMA,山根麻衣,NAOKI TAKAO
販売元:ユニバーサル
発売日:2000/04/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

新しい駅 と 新しい街

 丸子橋から綱島街道を歩くと、JR南武線と交差する陸橋がある。陸橋を越え、下り坂になると、道に沿って左側に線路が見えてくる。
 「どこの線路だろう」と思っていたら、突然、前方から、新幹線がやってきた。

武蔵散歩HP:http://mks.la.coocan.jp/


 そういえば、東京発の新幹線の車窓から武蔵小杉を見つけたことがある。東京駅を出て、多摩川を越えるとすぐ右手に見慣れた街並みが見えていた。ここが見えた場所だったのかと立ち止まっていると、横須賀線が横切った。
 ちょうど立ち止まっていたあたりはJR横須賀線の新しい武蔵小杉駅になるらしい。今は古い線路にしか見えないが、やがて、ホームや改札口ができて、立派な駅になるに違いない。

 そのまま、武蔵小杉の方へ歩いていくと、武蔵小杉駅の東側、新丸子から市ノ坪にかけて、新しい街の都市開発が進んでいた。どこも、かしこも、高層ビルの建設中で、2~3年たつと、近代的な街になりそうだ。
 駅の東側、駐車場だったところに、とてつもない大きなクレーンが立っている。それはとても大きく、建築用の機器とは思えない。とても立派で、道具というよりも、それが建築物のように見えてしまう。

 見上げながら、どう動くのか考えた。
 見上げながら、どうやって登るのか悩んだ。
 見上げながら、組み立てている姿を想像した。
  とにかく、なにしろ、まったく デカイ。


 

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年3月26日 (日)

武蔵小杉のサクラ咲きました。    満開はもうすぐ!!

 ついにサクラの季節がやってきました。
 満開までのこれから1週間、「武蔵小杉散歩」にとっては待ちに待った季節です。毎日、朝早くから、あっち、こっちと歩いては「あのサクラがいい」「このサクラがきれいだ」「ところであの木知ってる?」等 仲間内ではサクラ談義に夢中です。

武蔵小杉サクラ開花情報:http://mks.la.coocan.jp/

 武蔵小杉駅から2km圏内なら「二ヶ領用水のサクラ」「今井さくら」「住吉サクラ」と二ヶ領用水・渋川沿いのサクラがお勧めです。散歩道の両側にサクラ並木が続きます。地元の方が大切にされているようで、朝・昼・晩・夜とそれぞれうつくしい姿を見せてくれます。もし、武蔵小杉周辺にお住まいなら、必見ですよ!!

 等々力緑地、中原平和公園のサクラもみごとに満開になります。中原平和公園ではさくら祭りもやっています。(4/1)
 サクラ見物をしながら、お弁当を広げて、ゆっくりとした週末なんて、いかがでしょう。

新・花の神奈川散歩 34コース Book 新・花の神奈川散歩 34コース

著者:山下 喜一郎
販売元:山と渓谷社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月24日 (金)

石垣島へ行きたい!

 高校野球で八重山商工が勝ちました。それも、すごく強くて、今後の活躍、期待大です。
 すごいな~。
 きっと、今晩は島中で、大騒ぎでしょうね。
 あ~行けるものなら、すぐに行きたい。
 時間とお金さえあれば、今直ぐに行きたい!! と思っているのですが、どう考えても、今は無理です。


 今頃の八重山って、とてもイイ感じなんです。
 ちょうど、今頃は泳げるようにもなっていて、初夏の雰囲気で、とても快適です。オフシーズンなので、観光客も少なく、あの心地よい不思議な時間にどっぷりと浸かっていられます。
 八重山にいると、何故なのか、時間がゆっくり過ぎていきます。1日が長くて、いろいろあって、とにかく時間が過ぎていきます。

 そういえば、いまどきは卒業旅行の時期ですよね。飛行機に乗っていると、どう見てもこっそり、思い出作りの二人がいます。(親は知ってるのでしょうか?)いったい、どんなコト考えて、どんなコト話しているのでしょうね。思い出作るのには早すぎるような気もしますが、それなりに思い出になるから不思議です。(?)でも、帰ってきたら、速攻で別れたりして・・・ まあ、それなりの完結ですね。
 ・・・なんて、考えながら、、今日は雑念振り払い、人生でも考えながら、泡盛でも飲むコトにします。
 あ~、石垣島へ行きたい。
 それにしても、どうして、沖縄で飲む泡盛と川崎で飲む泡盛は味がちがうのだろう。
 あ~。 どうしても、雑念が頭の周りを回っています。
 あ~。    

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年3月23日 (木)

花の記憶

 今井町のさくら橋から、渋川にそって歩いていると、花の香りがしていた。香りの主がどこにあるかと探してみると、川岸につづく桜の木の下に隠れている。
 「この花は?」
 「沈丁花(ちんちょうげ)の花よ」と妻が教えてくれた。

 いったい、いつから花の写真を撮るようになったのだろう。
 子供の頃から、花など、まったく興味のなかったはずなのに、気が付けば花の写真をよく撮っている。それで、また綺麗だと思っている。思えば、忙しすぎた生活から距離を置き、立ち止まるコトも素敵だと思い始めた頃、自然に花を見始めていた。
 花は何も言わないから・・・いろいろな姿を見せるから・・・花は弱々しいから・・・いろいろと理由を付けてみるが、どうも、もっともな理由はない。

 公園の隅に咲く花も、絨毯のように敷き詰められた花も、それぞれが素敵だ。どこで、誰に見つけられるわけもなく、無心に咲く花が美しい。
 いつも、花の名前も分からずに、心の感度を高めて、花の風景を切り取っている。ときには、香りや感触も感じながら、感性に従って、花の風景を集めている。切り取った花の風景の中には懐かしい時間と空間がある。

 沈丁花の花はいったいどこにあったのだろう。
 かすかに、幼い日、どこかの坂道で見ていたような思いがある。
 雨の日に傘から見ていた記憶も甘い香りで蘇る。
 ヤット、見ツケテクレタノネ・・・また、沈丁花の花が呟いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

サクラ 咲く 予感

 とてもよい天気なので、桜の花が咲いているかと「武蔵小杉散歩」をしました。いつもの二ヶ領用水を歩いていると、桜の花が咲いているではないですか!!でも、残念ながら、咲いていたのは一輪だけで、他の枝は「もう咲きそう・・」状態でした。あと、2~3日で開花ってところじゃないでしょうか?近所のお婆さんと話していたら、「じきに咲くんじゃない」との事。期待大です。


 ところで、このあたり、中原は昔、桃の産地だったとか。それと関係があるのかないのか、花桃がいっぱいあります。桃色の花はまだですが、泉沢寺の裏あたりでは花桃・寒白の花が満開です。梅の花と花桃の花と河津桜が混ざって、咲いています。
 とても綺麗です。要チェックですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月19日 (日)

冬の約束

 空気が澄んでいる冬の日。多摩川にそって、冷たい風が吹いている頃。
 昔の約束を確かめたくて、等々力緑地から下流に向かって、土手沿いの道を自転車で走り出した。サイクリング道はよく整備されている。ガス橋を通り、そのまま行くと道が切れたり、蛇行したりしながら、道は細くなっていく。何度か、側道に出ながら、進んでいくが、やがて、行き止まりになった。
 結局、道は海までつながっていなかった。やはり、ガス橋を渡って、東京側から進まないといけないのかなと思いながら、目の前の静かな風景をただ眺めていた。
 蜃気楼のようにビルの姿が揺れている。


 
 ずっと昔、「この土手の道はどこまで続くの」とPに聞いたことがある。「海まで続いているのよ」と答えながら、「いつか、一緒に海を見てみたい」と言っていた。
 それから、何年かすぎて、いろいろなコトが起き、僕は大人になった。土手の散歩道の約束など、とうの昔に忘れていた。Pとも別れ、結婚して、日常に包まれ、あわただしい時間が過ぎていた。

 去年の冬。海に落ちる夕日を眺めていると、何故か昔の約束を思い出した。コノ道ハ ドコマデ ツヅクノ?風にのって、Pの声が聞こえたような気がした。

「約束を守らないのね」Pの別れ際の言葉が蘇った。
「そんなコトはないさ。ちょっと待ってほしいだけなんだ」
「ワタシを愛してるなんて言ったくせに、何もできないじゃない」
「あれは嘘だったのね」
「嘘じゃないさ」「ウソよ!」
「いつも約束をして、忘れてしまって、それで・・・」
彼女の涙があふれ出た。肩が振るえ、拳が机をゆっくり叩いた。

 そう、約束を守らなかったのは一度きりじゃない。愛していたかも分からない。立ち止まっていたわけじゃない。怯え、逃げたのは君じゃない。ボクハ コワクテ、ニゲタンダ。記憶の向こうから、呟く声が聞こえる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

サクラ ハヤク サキマスヨウニ

 雨が降ってきたので、パソコンの中の画像を整理していたら、去年のサクラの写真が現れました。
 写真の撮影日は4月6日で、場所は武蔵小杉の二ヶ領用水です。たしか、その日に第一回目の花見をしていたのです。
 近くのコンビニでお弁当を買って、とりあえず、「花見だ~」とビールを飲んで、楽しんだ記憶があります。散るサクラの花びらが、とても、きれいで楽しかったです。

 今年もあと何週間で咲くのやら・・・・
ちょっと近所の桜の木を見てみたら、少しずつ蕾がふくらんで、先が色付いていました。
 今年も去年と同じ頃に楽しめるのかしら・・・
 雨は降らないかしら・・・
 サクラ ハヤク サキマスヨウニ・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

河津桜が咲いてます

等々力緑地のすぐ近く、二ヶ領用水にそった道に河津桜が咲いています。

Dsc00087 あまり目立たない場所ですが、この写真を撮った日(3/11)には満開で思わず立ち止まり、見とれてしまいました。隣には梅の花も咲いていて、甘い香りがしていました。とても、良い天気だったので何か幸せな気持ちになって、思わず、シャッターを切っていました。

 あと何週間で二ヶ領用水の桜も住吉桜も満開になります。あまり有名ではないけDsc00088れど、散歩するにはちょうど良く、何かのんびりしていて、とても好きです。

 実は、私はこののんびりした武蔵小杉が好きで、どんどん開発されて、マンションができて、人や車が増えているコトが良いコトなのか、悪いコトなのか、嬉しいのか、悲しいのか分からなくなってしまいます。でも、便利になって、いろいろな人が増えて、小さくても良いトコロを知ってもらえれば・・・・とも思っています。

Dsc00092

散歩でもしながら、何かよいこと、うれしいこと、見つけてみませんか?

立ち止まって見て、うつくしいと感じてみたくありませんか?                       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年4月 »